1. 全ての商品
  2. 鍋・フライパン・ケトル
  3. 無水鍋®のHAL万能無水鍋 26
※写真アイコンをクリックすると上に写真画像が表示されます。
※商品の色はモニターの具合により、実物と異なる場合があります
●サイズ・重さ(約)/長さ(最大)50.3 ×高さ(最大)13.7㎝、内径26㎝・1.58kg
●素材/本体:アルミニウム合金(内面:フッ素樹脂加工、外側面:鏡面仕上げ、外底面:特殊磁性膜加工+耐熱塗装) ふた:アルミニウム合金(内面:フッ素樹脂加工、外側面:鏡面仕上げ) 取っ手・つまみ:フェノール樹脂
●IH使用可
●日本製
●レシピカード付き

無水鍋®のHAL万能無水鍋 26

新商品 おすすめ商品

¥ 29,700 (本体 ¥ 27,500)

商品コード 02356

数量
こちらの商品は好評につき、現在追加の入荷待ちとなります。
こちらの商品を含むご注文は、12/8(金)以降の発送予定となります。


無水調理のできるフライパンなんて!
これさえあれば、のまさに万能選手です。


「これ一つあればたいていの料理はカバーできますね!」と藤井恵さんが絶賛するのが、この「万能無水鍋」。「鍋」という名前ですが、底面が広く、片手つきの姿はフライパン。内側はフッ素樹脂加工が施され、こびりつきにくい仕様になっています。

 この万能鍋の前モデルを、長年使いつづけてきたという藤井さん。絶大な信頼を寄せているお気に入りアイテムの新バージョンということで、期待いっぱいで使いはじめました。
「さっと高温になり、弱火で調理してもむらがないのがいいですね。しっかり焼きつけてからじっくり火を通したいローストビーフにぴったりだし、堅い豆もほっくり……。あ、パンもうまくできました!」
 次々にいろんな調理法を試してみた、という藤井さん。素材にもともと含まれている水分や脂分を生かせるので余分な水や油がいらず、栄養を逃がさないのも高ポイントとか。

 製造しているのは、だれもが知るといっても過言ではない「無水鍋Ⓡ」を手がける「広島アルミニウム工業」。無水鍋と同じくアルミニウム製の厚手鋳物鍋です。熱伝導率や蓄熱性にすぐれ、かつ軽くて丈夫、というのが最大の特徴。鋳物製法のふたにより、フライパンでの無水調理を可能にしたところが画期的です。
 内側のフッ素樹脂加工にも特別な製法が用いられているそうで、藤井さんも太鼓判を押す丈夫さ。長く使っていける頼もしい道具です。

藤井 恵さん
料理研究家・管理栄養士。家庭料理をはじめ、幅広いジャンルの料理を考案し、その味と作りやすさには定評がある。チャーミングな人柄とライフスタイルも大人気で、各メディアにおいて活躍中。著書に『藤井 恵 ていねいな家庭料理』(小社)など。


【 藤井恵さん 】おすすめ商品は こちら

【 鍋 | フライパン 】の全商品一覧は こちら

 それぞれ商品一覧ページへジャンプします

商品説明

  • 説明画像
    無水鍋は1鍋8役
    焼く、炒めるはもちろん、ゆでる、蒸す、煮る、炊く、揚げる、と、まさに万能に使える頼もしさ。熱の回りがよく、むらなく均一に火が通るのが魅力。内部のコーティングのおかげで食材がくっつきにくく、お手入れも簡単です。
  • 説明画像
    野菜を蒸す
    蒸気を逃さず、少ない水と熱量、時間で素材の美味しさあふれる蒸し料理が作れます。
  • 説明画像
    豆をゆでる
    堅い豆もほっくり。素材の水分を引き出す「無水茹で」は、旨みと栄養がたっぷりで、色鮮やかに仕上がります。
  • 説明画像
    パンを焼く
    パンやケーキもふんわりしっとりの焼き上がりに。
  • 説明画像
    ご飯を炊く
    モチモチ、ふっくらの白ごはんから炊きこみごはんやおこげまで、短時間で美味しく炊き上げます。
  • 説明画像
    フライパンと鍋のいいとこどりなので、炒め煮は大得意。
  • 説明画像
    少ない煮汁で味しみしみの「手羽先と根菜のこっくり煮」が完成。
  • 説明画像
    「ローストビーフ」は、初めにしっかり焼きつけて。かたまり肉の全面に焼き色がついたら、野菜の皮などを加えてふたをします。
  • 説明画像
    じっくりじっくり、内側にうまみを閉じこめるように火を通したら、ジューシーでとろけるような仕上がりに。
  • 説明画像
    鍋本体の注ぎ口とふたのマークを合わせるとすきまができ、煮汁やゆで汁をきるのも簡単。蒸気抜きも容易にできます。
  • 説明画像
    HALムスイ
    1953年、日本初のアルミニウム鋳物鍋として広島にて誕生以来、長年人気を誇る「無水鍋®」。日本有数の自動車メーカーのパーツを手がける一流の技術と職人の技により製造され、「HALムスイ」にて販売。2017年より定番の無水鍋®を「KINGシリーズ」とし、新たに誕生した「HALシリーズ」とともに展開する。

あわせてどうぞ

おすすめ

close